技術書典4にサークル側で参加した

技術書典4に参加してきたのでまた感想とかをダラダラと書きます。今回は「Skype Botで遊ぼう」という本を書きました

 

今回の販売結果

被チェック数:52

販売数:99/99 16時過ぎくらい

販売価格:500円

後払いアプリ:14件

 

よかったこと
  • 晴れてた
  • 完売した(後述)
  • 前回は会社でやったことを本に起こしたのですが、今回は自分でこれから使うために調べて本にしたので勉強になり達成感があった
  • 前回よりも買ってくれた方々とお話できてうれしかった。手渡しで売れる一番の良いところ

 

よくなかったこと
  • 入稿ギリギリで5%アップ料金だった
  • 入門とはいえもう少し実用的なサンプルとか気の利いたサンプルを思いつけるとよかった(アイデアを出すのは難しい。。)
  • お客さんに対してのアピールがクソみたいに下手だった
  • 混みすぎてて、奥の方の人が見本誌とりたそうにしてるけど届かなくて流れてっちゃうことが何度かあった。まあしょうがないけれどもね

 

完売

これはお隣のブースの方が完売した後お手伝いしてくださり、15時くらいから鬼のように売ってくださったおかげです。本当に心の中で30回くらい感謝の土下座していました。本当にありがとうございます、、!!!!

見本誌だけでも見てくれると嬉しいです!と仰っていたのが素敵でした。見習わなければ、、

 

感想とか

今回の技術書典で一番思ったのは「タイトル間違えたな」ということ

 

わたしが導入したことがあるのがSkypeだけで、かつ弊社で使ってるのがSkypeだったりでこのタイトルにしてしまったけれどもSlackとかでも使えるので「Bot作って遊ぼう」とかでよかった気がしました、、

 

そしてわたしが思っていた以上にエンジニア界からSkypeの人気は無くなってたみたいです。今更なんでSkype?みたいなコメントも結構ありました。SlackとかDiscordとかがメインなのかな。Slackの導入方法も調べていつかどこかに書いておきたいです。

 

あとね、私知らなかったのですがBotBuilder SDK3で本は書いてるのですが4あるみたいなこと聞いたんですよ、Pythonだけなのかな、、ちょっとまだ買った本眺めたり自分の本の入ってるツイートをイイネしまくってたりモンハン買っt…調べられてないんですがちょっと頑張って調べたいです、、うぅ、、

 

↑今出てるの SDK4アルファ版みたいなので、まだ3で大丈夫そうでした_(:3」z)_

 

今回もとても楽しかったです。手に取っていただいた方、お隣のブースだった方、運営してくださった方ありがとうございました。

 

次回

あれば出たいですがまだネタがないです。技術書典出るためだけにはじめてのことを勉強しても楽しいかもしれない