技術書典3にサークル側で参加した

10月22日、技術書典3にサークル参加したので
サークル参加で良かったこととか大変だったこととかダラダラ思い出残しておきます。


わたしが出したのはOpenLayers4の入門本。
ちょうど会社のプロジェクトでiOS/AndroidのWebView上で
OpenLayersを動かすということをしていて、
OpenLayers3の記事はたくさんあるけれど4のは少なめだったり、
公式ドキュメントがわかりにくかったり(私がアホなので)したので
書いてみようかなと思いました。


開催日の被チェック数 44
印刷した数      100冊(チャレンジしすぎた、、)
購入してくださった方 72名(ありがとうございます!!1!)
販売価格       300円

良かったこと

  • 1冊本を完成させることができて嬉しい
  • 基礎の振り返りになった
  • OpenLayersのこと知ってる人と色々お話できた
  • 表紙も描けた
  • 日光企画の方、技術書典のスタッフの方みんな優しい。親切
  • 両隣のブースの方も親切。嬉しい
  • お客さんも優しい

ダメだったこと

  • 台風
  • 表紙を左綴じ右綴じ逆で入稿してた
  • Re:View使いこなせなかった(改ページ的なことってどうしたらいいの、、)
  • ↑もあってコードのページがかなり見辛い
  • 仕事が忙しくて書いてる余裕が足りなかった

もうとにかく忙しくて平日はまず進まないし、休日は休出してるか死んでるか平日ほぼ顔を合わせることのできない夫くんとお出かけしたりで全く進まなかった、、
もっと早くからコツコツやってれば とも思ったけど割と今年はずっと多忙だから無理だな!

なもんで頑張って書いてはいたけれどクオリティも自信なくて
オンデマンドで安く印刷して価格下げました。(でも十分印刷きれいだった)
小銭多いのに電子決済のやつ何も用意してなくてすみません、、!


ブースに座ってると人の流れがすごく気になって
ドキドキが止まらなかったです。

中身を見ずに買っていただくと「OpenLayersでお仕事してるのかな」とか
めくってもらった後に買っていただくと「頑張って書いた甲斐あったな!」とか
めくってもらった後に立ち去る方を見ると「何が悪かったのかな」とか
人が来るたびに一喜一憂してしまって非常に疲れた(もちろん良い疲労感)


ぼっち参戦だったし完売しなかったので他のブース見れなかったですが
一生懸命書いたものを自分の手で渡したいなって思っていたので
夫くんお手伝いしようか聞いてくれたけれどもこれはこれで良かったと思いました。まる。


お手に取ってくださった方、
購入してくださった方ありがとうございました。

弊社の方も遊びにきてくれてとても嬉しかったです。
内容についてもちょっと褒めていただいてすごーく嬉しくて本当に書いて良かったなと思いました。


またこの達成感を味わいたいけど書くネタが、、
OpenLayers続編あったら、、ということを言っていただいたりもしたので
もっと踏み込んだこと調べて書いたりとかも良いのかなあ。